補償内容を変えずに保険料を安くする方法

保険料を抑えるのに、補償額を抑えたり、特約を外したりする以外にも方法がある事をご存知ですか?実は、補償内容を変えずに保険料を引き下げる方法があります。ちょっと手間をかけたり、日頃の習慣を変えるだけで保険料を安くできるので、是非、参考にしてみて下さい。併せて、必要な特約についても説明していきます。

保険は毎年見直す

楽に自動車保険に加入したいなら購入時にディーラーで入ると良いでしょう。多くのディーラーは保険の代理店などがあり、納車に合わせて開始する保険の契約を作ってくれます。ただ代理店の保険だとネット系の会社…

インターネットの一括見積りサービスを活用する

自動車保険を見直すのは結構面倒で、代理店であればその都度書類に記入したり面談を受ける必要があります。最近は各損保会社のサイトから入力すれば見積りができるようになりましたが、それぞれのサイトで必要事…

交通違反は保険料の天敵

補償内容を変えずに保険料を安く抑えたいときは、ゴールド免許を取得する方法があります。保険会社では、ゴールド免許を所持している人に「ゴールド免許割引」などの特典を用意しているケースが多いです。ゴール…

自動車保険の見積もりについて

自動車保険の見積もりの利用者を対象としたキャンペーンを実施している保険会社は非常に多いです。豪華な家電製品や食事券などを抽選で貰えるキャンペーンもあるので、積極的に利用してみましょう。

付けておいた方が良い特約

保険料は安いに越したことはないですが、いざという時、満足な補償が得られなければ意味がありません。では、どんな補償内容にしたら良いのでしょうか?ここではライフスタイル別に必要な特約を説明します。保険見直しの際に参考にして下さい。

自分以外の家族も運転する場合

自動車保険は車の使い方やライフスタイル、ライフステージに合わせて特約の付け替えをしたほうがいいでしょう。たとえば、独身時代は自分だけで運転する車だったのが、結婚して配偶者も同じ車を運転するようにな…

高級車に乗っている場合

高級車の場合、当然のことながら購入費用は高額になります。そんな高級車を不運にも購入直後に全損してしまったら、そのショックは計り知れません。全損でなくても、大規模な修理が必要となる場合も大差ありませ…

家族以外の人を乗せて走る事が多い場合

同乗者の補償について知っておきたい保険の種類

同乗者が事故でけがを負った場合、自動車保険に加入していればそこから補償が出ることになります。同乗する人は家族以外にも、知人や友人、仕事先の人など様々な場合もあります。 まずは対人賠償保険です。自動車を運転している最中、自動車事故によって他人を死傷させてしまった時などに適用される保険です。この保険の特徴は、他人への賠償責任が適用の範囲になります。そのため身近な家族、例えば配偶者や子どもには適用されません。 次に知っておきたいのが、人身傷害保険です。補償対象車に乗車中の人が死傷してしまった場合などに適用される保険です。休業損害や治療費、精神的な損害等が補償されます。相手方から賠償金が支払われた場合などは、その金額から差し引かれた残額が支払われる事が多いようです。 他には搭乗者傷害保険もあります。車の同乗者への治療費などが支払われます。定額のため、他の保険に比べ迅速な支払いを受けられます。

他人の乗せる機会が多いのであれば人身傷害保険がおススメ

他人を車に乗せる頻度の多い人は、人身傷害保険への加入がおススメです。大きな理由として、人身傷害保険の補償内容があります。人身傷害保険を契約している車に乗車中以外の事故であっても、補償の対象となる人であれば補償される点が最大の魅力です。家族以外であっても、契約している車に同乗している人はすべて補償の対象になりますので、他人をいつ乗せても安心です。 支払いは実損払いが基本になります。契約した保険の金額の範囲で、治療費や休業補償などが補償されます。運転者の過失の有無に関係なく支払われる点も、大きな魅力です。 一方で似たような保険に搭乗者傷害保険がありますが、人身傷害保険とセットで入っておくと安心です。補償内容や支払われる金額に違いがあるので、様々な事故のシーンに対応できます。